ページ番号1000895 更新日 平成30年2月16日

勝利油田しょうりゆでん
英語表記
Shengli oilfield
分野
油・ガス田

中国山東省、黄河下流域の済南市付近から河口にかけて散在する大小油田の総称(油田群)であり、大慶油田に次ぐ同国第 2 の油田。
勝利油田を構成する代表的な油田は、孤島油田、勝坨油田など。大慶油田から派遣された作業隊により 1962 年に発見され、その年の内に生産が開始された。生産された原油は、各油田と辛店、済南、青島などとを結ぶパイプラインで輸送され、処理・出荷される。1998 年の組織改変によりシノペックの管理下に入り、現在の操業会社はシノペックの勝利油田分公司である。
地質区としては華北盆地(リフト盆地)に属し、集油形態は背斜構造、断層封塞など。油層は第三紀の砂岩で、深さは 2,300m 前後。究極可採埋蔵量は約 50 億バレルと見積もられている。原油の平均的な性状は、比重 25.5°API、イオウ分 0.91 %、ワックス分 15 %、流動点 27.5 ℃。油層の圧力維持のため、油層への水圧入(水攻法)が行われている。2004 年の産油量は 2,674 万トン(51.2 万バレル/日)。

主文献『世界の大油田』(1984)、『中国の石油産業』(1985)、『石油地質・探鉱用語集』(1989)、“Oilfield Development in China”(1992)、『中国の石油と天然ガス』(2004)
(齊藤 隆、2006 年 3 月)