ページ番号1000906 更新日 平成30年2月16日

シンガポール石油中継基地しんがぽーるせきゆちゅうけいきち
英語表記
分野
その他

産油地と消費地との中間に製油所を建設し、市場の需要に応じて製品を供給する中間地精製基地として、1960 年代に急速に発展した。精製能力は、Shell 46 万 b/d、Esso 25 万 b/d、Mobil 19万 3,000 b/d、 SRC(シンガポール政府の間接参加会社)17 万 b/d、 BP 2 万 8,000 b/d、合計 110 万 1,000 b/dであり、ロッテルダム、ヒューストンに次ぐ世界 3 位の石油精製基地である。当初、中東原油を輸入し、石油製品を日本、東南アジア諸国、オセアニアへ輸出していたが、1980 年のイラン、イラク戦争により、原油供給量に制限を受けるようになり、最近では、インドネシア、マレーシアの委託精製の比重が高まっている。