ページ番号1000959 更新日 平成30年2月16日

純トン数じゅんとんすう
英語表記
net tonnage
分野
その他

旅客または貨物の運送の用に供する場所とされる船舶内の場所の容積の大きさを表すための指標として用いられるものである。
純トン数は、(1) 貨物積載場所(除外場所を除く)の合計容積を立方メートル(m3)で表した数値に、当該数値並びに上甲板および基準喫水線の位置を基準として定める係数を乗じて得た数値、(2) 旅客定員の数および国際トン数の数値を基準として一定の方式で算定した数値を合算した数値にトンを付して表す。「貨物積載場所」とは貨物の運送の用に供される閉囲場所、「上甲板」とは一定の基準に適合する最上層の甲板、「基準喫水」とは船舶安全法に規定する満載喫水線およびこれに相当する喫水線として指定するものである。純トン数は、その船舶が旅客、貨物を実際に積載する場所の容積であり、この容積を使用して運賃収益を得ることになる。したがって、トン税、港税などの税金や浮標使用料、照明料などの手数料を課す基準などに用いられている。