ページ番号1001844 更新日 平成30年2月16日

リザーブ・リプレースメント・レシオりざーぶりぷれーすめんとれしお
英語表記
Reserve Replacement Ratio
略語
RRR
分野
その他

 RRR(Reserve Replacement Ratio)は、企業の業績を見る上での主要な指標のひとつである。
 RRRは、企業がその有する埋蔵量から単年度(または特定期間)に生産した石油ガスを回復し、翌年度以降も問題なく生産を継続できるかを示す数値である。生産分の同量を回復出来る場合が100 %で表示されるため、これを大きく上回れば、企業は将来に亘り、生産継続が可能であることになり、これを下回れば問題があるということになる。埋蔵量の計算上、確認埋蔵量の買収・売却も考慮する必要がある。これを式で示すと下記のようになる。

埋蔵量の拡張と新規発見+回収率向上による埋蔵量の増加+埋蔵量再確認による改定増+確認埋蔵量の買収)÷(生産量+確認埋蔵量の売却)

 現在は、産油国の資源ナショナリズムの高まりもあり、欧米石油大手企業でさえも、高RRRの達成には苦慮している。
実は安い上流コスト 1バレル30ドルの油価でも問題なし?!
(石油・天然ガスレビュー、2009.5 Vol.43 No.3)

(池ヶ谷 清貴、2009年12月)