ページ番号1001930 更新日 平成30年2月16日

Average Freight Rate Assessmentaverage freight rate assessment
英語表記
Average Freight Rate Assessment
略語
AFRA
分野
その他

タンカー運賃市況の推移を表す指数の一つとして一般に使用されている。
ロンドンの主要タンカー・ブローカーにより構成されているロンドン・タンカー・ブローカー委員会(London Tanker Brokers Panel)が英国の Shell の依頼を受けて 1954 年 4 月以降作成している運賃指数であり、一定期間中における石油会社の自社船、定期用船、連続航海用船、スポット(一航海のみの)用船など、ほぼ全世界のタンカー運賃が加重平均されている。AFRA レートは、スポット・マーケットに比して変動幅が比較的小さく長期市況の実勢を示す運賃指数として利用されている。当初は、1 万重量トン以上のタンカーについて、Curacao/London 航路を基準として Scale レートにて発表されていたが、1967 年 8 月以降は毎月の発表となり、また、1969 年 10 月からは今日の平均航海距離に相当する理論上の航路を基準としてワールドスケール・レートで表示されている。船型の区分については、当初一本であったものが、タンカー船型の大型化多様化に対応すべく、1959 年 7 月、1964 年 7 月、1969 年 1 月、1974 年 1 月および 1980 年 7 月にそれぞれ新たな船型区分が行われ、現在は次の 6 船型によりそれぞれの運賃指数が表示されている。

General Purpose:16,500 ~ 24,999 重量トン
Medium:25,000 ~ 44,999 重量トン
Large 1:45,000 ~ 79,999 重量トン
Large 2:80,000 ~ 159,999 重量トン
VLCC:160,000 ~ 319,999 重量トン
ULCC:320,000 重量トン以上

なおこの AFRA レートは 1983 年 1 月を最後に一般への公表が中止され、購読制に切り換えられた。