ページ番号1001973 更新日 平成30年2月16日

LNG タンクlng たんく
英語表記
LNG tank
分野
その他

 LNG を超低温のまま貯える施設の一つ。
 LNG タンクは、天然ガス液化基地における LNG 製造と船積みまでの間、および LNG 受入基地における荷揚げから再ガス化、出荷までの間の、調節、貯蔵の役割を果たす。また、ピークシェービング用の LNG 基地においては、ガス不需要期に逐次製造される LNG を、ガスのピーク需要期に再ガス化・出荷するまでの間貯蔵する役割を果たす。
 LNG が-162 ℃という超低温の液体であるために、そのタンクの構造も材料も特殊である。LNG タンク 1 基の貯蔵能力は 4 万~ 20 万 kL の範囲のものが一般的である。LNG タンクには地上式、地下式、地中式の三つの形式がある。その三つの形式について以下に示す。

(1) 地上式タンク 1. 金属式タンク:これは内槽の底部が平板、側部が円筒、屋根がドーム型の形状であり、その外側を同形の外槽で包み、内外槽間の空間にパーライト等の断熱材と不活性ガス(窒素)を充填した構造である。液面変化等による内外槽間の窒素ガスの体積変化を吸収するため、ブリージングタンクと呼ばれるクッションタンクが付属している。内槽の材料には低温強度、加工性が要求されるが、溶接性、経済性等を考慮して 9 %ニッケル鋼やアルミニウム合金、外槽には炭素鋼が使用されている。また、地中の水分凍結による地表の凍上現象を防ぐため、高床式にしたり、地面をヒーターで加熱する。タンクの周辺には、防液堤および高発泡設備等の防災設備が設置されており、万一の LNG 漏洩時には、災害の発生を最小限に抑える役割を果たしている。2. PC(プレストレストコンクリート)式タンク:これは金属式タンクと防液堤を一体化したタンクであり、材質等は金属式タンクと同じであるが、防液堤は液密性、強度、経済性を考慮してプレストレストコンクリートを用いている。また、LNG の受入および払い出しは屋根部分から行うため、ポンプバレルと呼ばれるパイプが、屋根を貫通して底板付近まで達している。3. PC メンブレンタンク:PC 式タンクの内槽材に後述する地下式タンクのメンブレンを採用した構造である。したがって内槽材に要求される強度機能を外槽のプレストレストコンクリートが兼用する合理的な構造である。

(2) 地下式タンク:これは周辺地盤の水圧および土圧を受ける鉄筋コンクリート製の躯体の内面に断熱材を配し、その内面に気密および液密性を保持するステンレス製のメンブレンを設置した構造である。メンブレンにはコルゲーションと呼ばれる波型が加工されており、LNG 冷熱による温度伸縮を吸収している。また、液圧およびガス圧は硬質ウレタンフォーム製の断熱材を介して躯体に伝えられている。LNG 液は、タンク底部近くに配置された液中ポンプによって、払い出される。このタンクは、万一、液が漏洩しても地表に流出しない本質的な安全性を有するため、防液堤が不要である。また、地上式タンクと比較し、離隔距離規程が緩和されているため土地の有効利用が可能であり、周囲景観との調和というメリットもある。この形式は日本で開発され、現在では韓国や他の地域でも建設されている。タンクの底部および側部には地盤の凍結を制御するためヒーターが設置されている。

(3) 地中(ピットイン)式タンク:金属二重殻式タンクを地下に構築した鉄筋コンクリート製のピットに施設する形式のタンクであり、本体の構造および材質は金属二重殻式タンクと同じである。ただし、LNG の受入および払い出しは、PC タンクや地下式タンクと同じく、屋根部で貫通したポンプバレルや配管を通じて行う。


(高津 宏和、2006 年 3 月、2010年2月改訂)